キターッ!!世界最大恐竜王国2012

kita.jpg

幕張メッセ国際展示場で開催されている、
「世界最大恐竜王国2012」に行って参りました〜!
今回のテーマはズバリ羽毛なのデス!

rago.jpg

coelo.jpg

cerato.jpg

写真上から、ラゴスクス、コエロフィシス、セラトサウルス。
凄いですね〜、これが最新の恐竜復元なのですね。
もう殆ど爬虫類のオドロオドロしい面影は有りませんですネ。
中国遼寧省で、ティラノサウルスの仲間である大型肉食竜、
ユティランヌスの羽毛付き化石が発見され(4/17付Blogも参照してネ)、
恐竜復元は今新しい局面を迎えているので〜す。

そのユティランヌスがこれ。

yutyra1.jpg

yutyra2.jpg

何と言いましょうか、やっぱり鳥に一番近いのでしょうか。

そしてスーパースター!ティラノサウルスさまも遂にこうなりました〜!

tyra1.jpg

tyra2.jpg

ウヒャ〜、素晴らしい!
こうなると、もう殆どジェロニモでございますネ。

恐竜復元の今後は一体どのようになっていくのでしょうね。
今の子供達には、これらが「恐竜」としてインプットされるので、
私のような古い世代の恐竜感とは随分違っていくのだろうなあ。

おまけに、私が子供の頃毎日ため息をつきながら見惚れてた、
国民百科事典(平凡社)の恐竜挿絵です。

百科事典DINO4

ウワ〜、懐かしい!

このオドロオドロしさ、やっぱり好きかも・・・・


コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もため息はつきませんでしたが、子供の頃同様の恐竜の絵を図鑑で良く見ていました。
最近の研究は、恐竜は羽毛付きというのが主流となりつつあるようですね。何だか変な感じです。
じゃぁ、彼らの子孫であろう今のトカゲやヘビに羽毛がないのはどうしてなんだ!と突っ込みたくなります。
ひょっとして、元々種類が違うのかも?!
恐竜→ほぼ絶滅&鳥へ変容
トカゲ・ヘビ類→最初からあんな感じでつるつるだった
???です。

Re: No title

シンプルケーキさん

実物を見た人は誰も居ないのですものね、本当の姿はどうなのでしょうネ。
トカゲ・ヘビ類は恐竜の時代から居て、あまり形が変わってませんよね。
多分、ご指摘のように、派閥が違うのでしょう。
この良く分からなさ加減が、また恐竜の魅力なのでございました(笑)。



プロフィール

本多俊之

Author:本多俊之
本多俊之 Official Blog へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR