セッションいろいろ 〜 ひと夏の思い出

121118blg1.jpg
11/15(木)ヤマハ銀座スタジオで行われた
土屋賢二トーク&ライブ「ツチケンナイト Vol.4」に参加しました。
写真向かって左から、岩瀬立飛氏(Ds)、私、土屋賢二氏(Pf)、川村竜氏(B)。
土屋賢二氏はご存知のように”笑う哲学者”であり、エッセイストであり、
ジャズピアニストでもあられます。
週刊文春などの連載でも広く知られていらっしゃます。
いや〜トーク強力!!頭の回転強力!(当り前か)
何処から急カーブが飛んで来るか分からない。付いて行くのやっと、フヒャ〜。
鍛えられました〜!
全曲先生のオリジナルでしたが、これがまた良い。
さすが哲学者であられるだけあって、けっこう複雑な曲が多いのですが、
吹いていて気持ちが良い、リリシズムに満ち溢れているのです。
いやはや大したお方でございます。

121118blg2.jpg
11/17(土)相模原メイプルホールで、ご存知櫻井哲夫氏の
ジャコ・パストリアス・トリビュート・ライブでした。
向かって右から、菰口雄矢氏(g)、平陸氏(ds)
、櫻井哲夫氏(b)、
新澤健一郎氏(key)、そして私。
この日は大雨だったのですが、本当に沢山の方にお越し頂き、
もう会場は熱気ムンムン!
演奏も弥が上にも盛り上がりました!バンドしてましたデス!
ところでこの日判明したのですが、櫻井くんは晴れ男、
でも菰口くんも平くんも新澤くんも雨男なんだって。
私もどっちかって言うと雨男。
ゴメンチャイね。

121118blg3.jpg
11/13(火)池袋「SOMETHIN' Jazz Club」で
ジョー・ファレル・トリビュート・ナイトでした。
写真向かって右から、北浪良佳さん(vo)、大槻KALTA英宣氏(ds)、
私、太田朱美さん(fl)、コモブチキイチロウ氏(b、顔半分隠れててゴメン)、
そして一番左に、このライブの発起人である新澤健一郎氏(key)が居るのですが、アレ・・
見切れてる、ゴメンナサイ。
櫻井ジャコバンドの方の写真で許して下さいまし。
ジョー・ファレルさん縁の曲、
リターン・トゥ・フォーエバーの曲etc.
私はちょうどリアルタイム世代なので、
もう懐かしくて、堪りませんでした。
ありがと!新澤くん。
順番的(日程)にはこのライブ報告が最初にくるべきでしたが、
ちょっと長くなりそうなので最後にしました。
以下は私のと〜っても個人的な思い出なので、
つまらなかったらどうかスルーして下さいまし。

1972年の夏にチック・コリアさんのアルバム
”リターン・トゥ・フォーエバー”が発売になりました。
あのカモメが飛んでいるジャケットの名作です。
そこでフルートとソプラノ・サックスを吹いていたのがジョー・ファレルさんです。
その何だかとてもキラキラしたプレイが大好きになり
私はソプラノ・サックスを始めました。(このブログにも書きましたネ)

この年、私は生まれて初めてオールナイトのジャズ・フェスティバルに行きました。
第4回ネム・ジャズイン。
三重県志摩半島の合歓の郷で行われていたジャズフェスです。
この時のスペシャル・ゲストはチック・コリアさん!
一人で来日されました。
私は中学三年生。
しかしコンサートは台風の直撃で物凄い状況、なんせ野外ですから。
そんな中登場したチック・コリアさんのソロピアノ、
衝撃的に美しかった!!
その場の空気が変わりました!
雨も風も全然気にならなくなりました。

台風の影響で現地は蛙の大合唱!
チックさんに気を使ったスタッフが
殺虫剤での蛙駆除を提案したところ、チックさんは
「それは可哀想、ならば私はピアノで蛙と対話をしよう」
そして演奏されたのが即興曲”レイン・アンド・フロッグ”。
ジャズってなんて素晴らしい音楽なんだろう!!!
わたしは完全にヤラレてしまって、現在に至っておりま〜す。

当日はチックさんのソロの他、
渡辺貞夫さん(ソプラニーノ)とのデュオ、
鈴木良雄さん(ベース)、故・日野元彦さん(ドラムス)とのトリオ、
このトリオに貞夫さんが加わったカルテット、
が演奏されました。どれも素晴らしかった!

夏の終わりに
このジャズフェスの模様が(チックさんの部分)
FMでオンエアされました。
私は当時カセットテープでエアチェ〜ックしました!
保存状態良好、大事をとってデジタル化して
CDにも焼いてありま〜す。
これを聴くと、あの時が甦ります。
私にとっては家宝でございます!
通信販売でもしちゃおうかな〜、
高いヨ〜、ウヒャ〜。

長文失礼致しました〜。
私めの"ひと夏の思い出"でございました(笑)。

そして最後になりましたが、ライブにお越し頂いた皆さま、
本当にありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

土屋です

土屋賢二です。ツチケンナイトでは大変ありがとうございました。本多さんのサックスは大好評でした。とてもうれしかったです。その評価がわたしへの評価だったらもっとうれしかったと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 土屋です

あらあら。先生御自ら恐縮にござりまする。こちらこそ大変楽しませて頂きました。
またセッション致しませう!
プロフィール

本多俊之

Author:本多俊之
本多俊之 Official Blog へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR