第8回なかのぶ JAZZ フェスティバル ご報告♪

3/16(日)第8回なかのぶJAZZフェスティバルが
大盛況のうちに終了しました。
お越し頂いた皆々さま、ありがとうございました!!
庶民文化の町としてのイメージを大事にしつつ、
さらに発展、変貌しつつある東京品川区の中延地区。
商店街主導のこの催し物、もう8回目なのですね。

4時間にも及ぶこのコンサート、その香盤表です。
14317.jpg

まるで乱数表のようですね(細かくて見辛くてゴメンナイm(._.)m )
コンサート一部は学生さん&アマチュアの方々で、二部・三部が一応プロ。
面白いのがこの二部!
商店街のお客さんの投票によって、
1000曲の中からベスト10を決め演奏します。
しかもジャンル不問、何でもOK!
なので、先日ツイッターでも思わずつぶやきましたが、
キャンディーズの「春一番」などを演らされるハメ、失礼(笑)
演奏させて頂く栄誉を授かった訳でございます (≧∇≦)

14317blg2.jpg

渡辺香津美兄いとの「BLACK STONE」はオーラス前でした ♬
KYLYNが甦ったよ〜!!

なかのぶJAZZフェスさま、益々のご発展を (^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしの

よみうりランドイーストでのKYLYN再結成の時は、坂本教授がサンプラーで変な音を出していましたね。アープ・オデッセイのリロリラリ~という摩訶不思議なフレーズも良かった。

Re: 懐かしの

赤カリーさん

六本木ピットイン開店10周年記念でした。
その六ピももう無いです。
寂しいですね。

激動の時代。

本多さん、ありがとうございます。
あの頃のピットインは、川崎燎さんが自作のギターシンセを使ったり、仙波さんが邦楽部隊を動員したり、何が起こるか分からない激動の時代でした。
本多俊夫さんがラジオで、「清水靖晃君と、うちの俊之が一緒にステージの袖にいると、同じような髪型をしているから、どっちがどっちか見分けが付かなくてね」とおっしゃっていましたww
プロフィール

本多俊之

Author:本多俊之
本多俊之 Official Blog へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR